空間

新洋食KAZU(カズ)北海道札幌市の、フランス料理シェフ 古田一美/ふるたかずみ/Kazumi Furuta

Cuisine/料理コンセプト、カジュアル × クラシカル 北「北海道」の大地の恵みと、新洋食という新しい価値。

"新洋食" 決して新しいアレンジ、新たな創作という含みではありません。
あくまで基本を忠実に、フォン(出汁)やソースの手作りから新洋食は始まります。
北海道という食材の宝庫にはそのままでも美味しい野菜、肉、魚はたくさんあります。
また、洋食には数多くの調理方法と数多くのソースがあります。
それらが織りなす最高の組み合わせを私の知る限りお客様にお伝えしたい。
そして、いつでも、どなたとでもカジュアルな感覚で味わっていただきたいと願っております。

特別な一時を最高の一時に

新洋食KAZUでは、古田一美のユーモア溢れる、温かい人柄が創り出す心地よい空気が流れています。
スタッフ一人ひとりが、真心をこめた温かいサービスを常に心がけ、訪れる皆様にとって、
特別な一時が記憶に残る最高の一時になりますように、おもてなしをいたします。
訪れる人に感動と喜びを与える「カズ マジック」に、ここ札幌で、是非包まれてみて下さい。

店主 兼 総料理長「古田一美 フルタカズミ」Kazumi Furuta

古田一美/Kazumi Furuta:1974年11月14日千葉県生まれ、5歳から北海道に移り住み、調理師と
しては旭川市内のホテルから始まり、札幌市内のホテルへとキャリアを積み重ねる。
そのころからシェフとして才能を伸ばしてきた古田一美はレストラン宙(Sora)の総料理長とし
て腕を振るい、後に同グループ店で札幌を代表する本格的フレンチレストラン、コム・シェモア
(comme CHEZ MOI)の総料理長を務める。

料理人として20周年を迎えた2011年 7月14日、より多くの方々に基本に忠実な洋食、けして奇を
衒った料理ではなくフランス料理をベースに伝統的な調理法で新たに生み出されたKAZUの料理を
体験して頂きたく、新洋食KAZUをオープン。